« 家族のおならが臭い!対策をうたなければ! | トップページ | 妊婦に必要な葉酸サプリについて »

2015年4月12日 (日)

おならのニオイと腸内環境

おならのニオイが臭いという場合、腸内環境が悪い状態になっている可能性があります。腸内環境というのはおならのニオイのほかにも、健康や美容に深くかかわるものなので、毎日気をつけたいものです。

なぜ腸内環境が悪くなるとおならが臭くなるのかというと、それは腸内細菌のバランスの変化が、腸内の有害物質の増減に影響しているからです。

腸には1,000種類程度、100兆個程度の腸内細菌がすんでいます。これらの腸内細菌には、ビフィドバクテリウム属やラクトバチルス属などの善玉菌、クロストリジウム属などの悪玉菌、バクテロイデス属などの日和見菌がいます。

善玉菌は有機酸を産生してぜんどう運動を促進したり悪玉菌を抑えたりします。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力をみて、そのときどきで強いほうに加勢します。

問題は悪玉菌です。クロストリジウム・パーフリンゲンスを通称「ウェルシュ菌」といいますが、このウェルシュ菌などが毒素や有害物質をつくりだすことで、腸内環境が乱れたり便秘になったり、便やおならが臭くなったりします。

ウェルシュ菌の好物はタンパク質や脂質です。これらが完全に消化できていない状態で大腸に届くと、悪玉菌がそれを分解してアミン、アンモニア、硫化水素、フェノール、インドール、スカトール、トリプトファン代謝物などの有害物質をつくりだします。

これらの有害物質が悪臭のもとになったり、免疫力を低下させたり、お肌のトラブルを起こしたりします。

というわけで、腸内フローラ(腸内細菌の生態系)を良くして腸内環境を整えることが、おならのニオイ改善には大事なのです。

腸内フローラを良好に保つには、食事や生活習慣を見直す必要があります。悪玉菌が増える食事をやめて、善玉菌が増えるような食事や生活習慣をこころがけることで、腸内環境が改善できるかもしれません。

おならの臭いニオイを断つためにも、ふだんの食事内容と生活習慣を見直して、腸内環境を良い状態に保つ努力をしましょう。

« 家族のおならが臭い!対策をうたなければ! | トップページ | 妊婦に必要な葉酸サプリについて »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2091299/59616029

この記事へのトラックバック一覧です: おならのニオイと腸内環境:

« 家族のおならが臭い!対策をうたなければ! | トップページ | 妊婦に必要な葉酸サプリについて »