« 妊婦に必要な葉酸サプリについて | トップページ

2015年7月26日 (日)

乳酸菌サプリで腸内環境を良くする

おならの臭い対策としては、腸内環境を改善することが重要です。

善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで、腸内の腐敗が防がれて、アンモニアなどの有害物質が減ります。それによって、便臭やおならの臭いが軽減されるからです。

善玉菌を増やすためにいちばん効果的な方法は、サプリメントで摂取する方法だと思います。乳酸菌サプリというものがあり、それを利用すれば大量の善玉菌を効率よく摂ることができます。

食事で摂るのも良いですが、食品の中でもっともビフィズス菌などの善玉菌が含まれているのはヨーグルトであり、ヨーグルトには脂肪が多く含まれています。

脂肪ゼロという商品もありますが、味に飽きてしまったり、毎日食べるのが大変だったりすると思います。しかし、乳酸菌サプリならそういったデメリットはありません。カプセルや顆粒を飲むだけですし、味に飽きがくることはないでしょう。

乳酸菌サプリにもいろいろなものがあり、より効率的に善玉菌を増やすためには適切な選び方があります。

まず、ビフィズス菌とほかの乳酸菌の種類で言えば、ビフィズス菌が入っているものを選ぶようにしましょう。一口に乳酸菌と言っても、ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェカリス菌などさまざまな種類があり、それぞれ性質や機能性は異なります。

ヒトの腸内の善玉菌は、ほかの乳酸菌に比べて圧倒的にビフィズス菌が多い構成になっているので、できればビフィズス菌含有のサプリが良いです。ほかの乳酸菌が含まれているものも効果はあると思いますが、個人的にはビフィズス菌入りのものをおしたいです。

また、ビフィズス菌の栄養源であるオリゴ糖か一緒に含まれているかどうかも確認することをオススメします。

オリゴ糖は少糖類とも呼ばれるもので、単糖が複数個結合したものを言います。このオリゴ糖はビフィズス菌の増殖に役立つので、できれば同時に配合されているものが良いです。

参考 : 乳酸菌を増やすサプリのランキング

数ある中で特にオススメのサプリメントが、森永乳業の「ビヒダス BB536」です。こちらにはロンガム種BB536株が1日分に150億個も配合されています。ヨーグルトだと、100gあたり20億個以上、なので圧倒的に多いですね。

ロンガム種BB536株はすでに40年以上も研究されているビフィドバクテリウムで、世界中でヨーグルトやサプリメントとして人気を得ています。また、アメリカの食品の安全性に関する認定制度もクリア。

菌の種類によっては、皮膚の健康に役立つビタミンB群のビオチンというものを消費してしまうものもあるのですが、ロンガム種BB536株は逆にビオチンを生成するほうだという情報もあり、その点でも期待ができます。

なんにせよ、腸内環境を整えるために乳酸菌サプリを摂取して、さらに生活習慣の改善もがんばって、健康的な生活を送っていきましょう!

« 妊婦に必要な葉酸サプリについて | トップページ

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2091299/60896581

この記事へのトラックバック一覧です: 乳酸菌サプリで腸内環境を良くする:

« 妊婦に必要な葉酸サプリについて | トップページ